内臓脂肪 筋トレ

内臓脂肪を落とす筋トレについて

 

内臓脂肪,筋トレ

 

ここでは、内臓脂肪を落とすのに役立つ筋トレについて詳しくご紹介します。

 

毎日少しだけでもいいので、日々の習慣に取り入れていきましょう。

 

 

内臓脂肪を落とすのに効果的な筋トレはコレ!

 

内臓脂肪を落とすのに効果的な筋トレは5つあります。

 

 

スクワット

 

スクワットは太ももの筋肉を刺激する筋トレです。

 

太ももの筋肉はサイズが大きいため、そこを刺激するとかなりのカロリーを消費することができます。

 

すると足が引き締まるだけでなく、基礎代謝も向上するのです。

 

カロリーを大量に消費する上に、基礎代謝の向上も相まって、内臓脂肪を落とすのに役立ちます。

 

なんとなく下半身にしか効果が無いように思われるスクワットですが、おしりや背中、腹筋など全身を刺激することが可能です。

 

短時間でカロリーを消費できるので、ぜひスクワットを試してもらいたいですね。

 

スクワットの正しいやり方については、以下の動画を参考にしてください。

 

 

 

 

クランチ

 

クランチとは、ひざを直角に曲げながら行う腹筋のことです。

 

一般的な腹筋に比べて腰を痛める可能性が無い上、最小限の動作で腹筋を効果的に刺激できます。

 

腹筋が苦手な人や腰を痛めたくない人にとってはもってこいです。

 

クランチの詳しいやり方は以下の動画で解説されているので、参考にしてくださいね。

 

 

 

プランク

 

プランクは筋肉と体幹を鍛える筋トレです。

 

アメリカでは既に大人気の筋トレ方法になります。

 

やり方はとても簡単で、必要な器具は特に必要ありません。

 

文章だけだとわかりにくいので、以下の動画をご覧ください。

 

 

 

 

レッグレイズ

 

レッグレイズは下腹部を鍛える筋トレです。

 

腹筋を割ろうと思っている人が必ず行うほど効果てきめんな方法なので、内臓脂肪を落としたい場合もぜひ実践してもらいたいです。

 

また、下腹部だけでなく太ももも鍛えることができます。

 

足を上下させる際に、太ももも同時に刺激することができるからです。

 

かなりのカロリーを消費することが可能ですよ。

 

詳しいやり方については、以下の動画をご覧ください。

 

 

 

ニートゥーチェスト

 

ニートゥーチェストは腹筋を鍛える筋トレです。

 

内臓脂肪が溜まってぽっこりと出てしまったお腹を引き締めるのに最適です。

 

多くのスポーツ選手やファッションモデルも行っているトレーニング方法です。

 

やり方は簡単!

 

以下の動画を見ながら実践してみましょう。

 

 

 

 

内臓脂肪を筋トレで落とすことは不可能って本当?

 

実は筋トレで内臓脂肪を落とすことは不可能だと言われているのですが、それは本当でしょうか?

 

結論から言うと、筋トレに内臓脂肪を落とす直接の効果はありません。

 

そのため、筋トレだけでは内臓脂肪を落とすことができないんです。

 

では、筋トレを行なっても無意味なのでしょうか?

 

それは違います。

 

筋トレと有酸素運動を両方行うことによって、内臓脂肪を落とす効果が期待できます。

 

 

筋トレと内臓脂肪を両方行うとなぜ内臓脂肪が落ちる?

 

内臓脂肪,筋トレ

 

筋トレには基礎代謝を上げる効果があります。

 

基礎代謝が上がると、脂肪が落ちやすい体へと変化します。

 

そこに有酸素運動を取り入れることで、内臓脂肪を効率よく燃やすことが可能になるのです。

 

筋トレには内臓脂肪を直接落とす効果はありませんが、

 

筋トレで基礎代謝をあらかじめ上げておくことで、有酸素運動を行なった時により効率よく内臓脂肪を落とすことができるというわけです。

 

有酸素運動には、ウォーキング・サイクリング・水泳などがあります。

 

これらの運動と筋トレを毎日の習慣にすることで、内臓脂肪を落とすことが可能になります。

 

 

有酸素運動の詳しいやり方については以下のページを参考にしてくださいね。

 

>>内臓脂肪を落とす有酸素運動についてはこちら