内臓脂肪 皮下脂肪 違い

内臓脂肪と皮下脂肪の違いについて

 

内臓脂肪,皮下脂肪,違い

 

内臓脂肪皮下脂肪違いを知っていますか?

 

この2つはどちらも「脂肪」に分類されますが、全くの別物です。

 

落とし方もそれぞれで異なります。

 

なのでここでは、内臓脂肪と皮下脂肪の違いや見分け方について解説します。

 

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いと見分け方

 

 

内臓脂肪

 

内臓脂肪,皮下脂肪,違い

 

内臓脂肪とは、皮膚の奥にある内臓周辺に付く脂肪のことを指します。

 

外部から識別することはできませんし、つまむこともできません。

 

お腹がぽっこり突き出た状態が、まさに内臓脂肪です。

 

男性に付きやすいのが特徴で、生活習慣や食生活の乱れによってついてしまいます。

 

 

皮下脂肪とは?

 

内臓脂肪,皮下脂肪,違い

 

皮下脂肪とはお腹の皮膚についてしまった脂肪のことです。

 

内臓脂肪と違ってつまむことができます。

 

女性に付きやすいのが特徴です。

 

どんな脂肪がかというと、お腹の皮膚の下につく脂肪のこと。

 

分かりやすく言えば、お腹周りの摘める脂肪が皮下脂肪です。

 

徐々に蓄積されていく脂肪で、主に女性につきやすいです。

 

 

内臓脂肪と皮下脂肪は病気の原因になる

 

内臓脂肪と皮下脂肪はさまざまな病気の原因となります。

 

ただそれぞれで、引き起こす病気や症状は異なります。

 

内臓脂肪はどんな病気を引き起こす?

 

内臓脂肪が引き起こす病気として最も考えられるのが、生活習慣病です。

 

生活習慣病には、糖尿病や動脈硬化、高血圧、高脂血症などがあります。

 

悪化すると最悪死の危険性があるので、早めの対策が必要となります。

 

 

皮下脂肪はどんな病気を引き起こす?

 

皮下脂肪は病気というよりも、筋肉の痛みを伴う症状を引き起こします。

 

その症状とは、

 

・腰痛
・ひざ痛
・足首の痛み
・背中の痛み
・肩の痛み
・首痛

 

などです。

 

つまり全身のあらゆる筋肉を痛めてしまうのです。