内臓脂肪 薬

内臓脂肪を落とす効果がある薬

 

内臓脂肪,薬

 

内臓脂肪は運動や食生活の改善で落とすのが一般的ですが、でも落とすことができます。

 

最近では内臓脂肪をなんとかしたい男性が多いため、街中の薬局でも薬が販売されているのをよく見かけます。

 

でも、薬って本当に効果があるのでしょうか?

 

何だか胡散臭い感じもしますよね。

 

そこで、内臓脂肪を落とす薬の効果や種類について解説したいと思います。

 

内臓脂肪を落とす薬に効果はあるの?どんな種類がある?

 

内臓脂肪を落とす効果が期待できる薬として主に、

 

・内服薬
・漢方薬
・サプリメント

 

の3種類があります。

 

それぞれについて詳しく見ていきたいと思います。

 

 

内臓脂肪を落とす内服薬

 

内臓脂肪,薬

 

内臓脂肪を落とすのに効果的な内服薬は医療機関で処方されています。

 

油っこいものが好きな人や過食気味の人に最適な薬です。

 

具体的などのような内服薬があるのか紹介しますね。

 

内臓脂肪を落とす内服薬には以下の2つがあります。

 

サノレックス

 

サノレックスは食欲を抑える効果が期待できる内服薬です。

 

日本で唯一厚生労働省から認可を受けています。

 

脳にある摂食中枢に直接働きかけ、食欲が起きないようにしてくれます。

 

食欲が起こらなくなると食べ過ぎを防ぐことができるので、摂取カロリーも抑えられます。

 

摂取カロリーが抑えられると、余分な脂肪がつかなくなるのです。

 

 

ただし、副作用も強く、

 

・喉の渇き
・便秘
・吐き気
・頭痛
・目まい
・精神障害
・不安感

 

といった症状が起こる可能性があります。

 

また依存性があるので、サノレックスを飲まないと生活が困難になってしまう・・・という危険性もあるのです。

 

 

ゼニカル

 

ゼニカルは食事から摂取した余分な脂肪の吸収を防ぐ働きがあります。

 

そのため、食事量を抑えなくても脂肪を減らすことができます。

 

また、コレステロール値を下げる効果も期待できるので、糖尿病や高血圧といった生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

 

しかし、ゼニカルにもサノレックス同様、副作用の危険性があります。

 

副作用には主に以下のようなものがあります。

 

・おならや便が頻繁に出る
・おならや便が猛烈に臭くなる
・排便の際に油も一緒に出てくる
・便意をコントロールできなくなる

 

このように便やおならに関する副作用が起こる危険性があります。

 

 

サノレックスもゼニカルも薬局では市販されていません。

 

処方してもらうには医師の診察が必要となります。

 

内臓脂肪を落とす内服薬が気になる方は、近所の内科で診察を受けてください。

 

 

内臓脂肪を落とす漢方薬

 

内臓脂肪,薬

 

漢方薬の中には、内臓脂肪を落とす効果が期待できるものもあります。

 

ただ、内服薬ほどの強い効果は期待できません。

 

あくまで内臓脂肪を落とすのをサポートするだけです。

 

 

とは言うものの、運動や食事制限と並行して漢方薬を飲めば、より高い効果が期待できます。

 

飲まない時と比較すると、内臓脂肪の落ち具合が全く異なるのです。

 

 

では、内臓脂肪を落とす漢方薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

内臓脂肪を落とす効果が期待できる漢方薬としは、下記の2つがあります。

 

 

防風通聖散

 

防風通聖散には以下の効果があるとされています。

 

・脂肪燃焼効果を高める
・食欲を抑える
・高血圧げ原因の動悸や肩こりを改善する

 

つまり防風通聖散を飲むと食事量が減り、脂肪が効率よく燃える可能性があるということです。

 

 

ただし、虚弱体質や胃腸の弱い方には、防風通聖散はオススメできません。

 

なぜなら、下剤が配合されているからです。

 

 

防風通聖散は医療機関だけでなく、ドラッグストアでも手に入れることができます。

 

ツムラの防風通聖散やナイシトール、コッコアポEX錠などがドラッグストアでも市販されている防風通聖散です。

 

 

九味半夏湯加減方

 

九味半夏湯加減方(くみはんげとうかげぽう)は、基礎代謝を向上させて脂肪を燃焼させる働きがあるとされています。

 

胃の調子も正常にしてくれるので、内臓脂肪を落とすのに効果的です。

 

ただし、下痢や便秘、腹痛、吐き気と言った副作用もあります。

 

九味半夏湯加減方はドラッグストアでも購入することができ、「扁鵲(へんせき)」の名で市販されています。

 

 

内臓脂肪に効果的なサプリメント

 

内臓脂肪,薬

 

ここ最近になって、内臓脂肪を落とす効果が期待できるサプリメントが人気を集めています。

 

サプリメントは、バランスの良い食事をなかなか摂れない人や運動不足によって太り気味になっている人を手助けしてくれます。

 

忙しくて食生活や生活習慣をなかなか改善できない方は、サプリメントを補助的に飲むことで、内臓脂肪を落とす効果が期待できますよ。

 

 

内臓脂肪を落とすのに効果的なサプリメントは主に4種類あります。

 

 

ラクトフェリンサプリ

 

ラクトフェリンは牛乳や母乳に含有されている成分で、脂肪が蓄積するのを防ぐ働きがあります。

 

ですが、、熱や胃酸に弱いため、腸に届く前に大変が死滅してしまうというデメリットもあります。

 

しかしサプリメントは、熱や胃酸に負けないようにコーティングされているので、途中で死滅することなく腸までしっかりと届きます。

 

 

DHA・EPAサプリ

 

DHA・EPAは青魚に含まれている成分で、血液をサラサラにする効果があります。

 

血液がサラサラになると体内に内臓脂肪が溜まらなくなります。

 

でも、青魚を普段の食事から摂るのってなかなか難しいですよね?

 

そんな時サプリメントでDHA・EPAを補うようにすると効果的です。

 

 

カプサイシンサプリ

 

カプサイシンには脂肪燃焼効果があります

 

体内に入ると体の活動量をアップさせ、脂肪が燃えやすい状態に導いてくれるのです。

 

 

ただし、唐辛子に含まれている成分なので、辛いものを毎日食べるのはなかなか厳しいかもれません。

 

そんな時はサプリメントでカプサイシンを補いましょう。

 

有酸素運動とカプサイシンサプリを併用することで効率よく脂肪が燃えてくれるので、内臓脂肪を落とすのに最適ですよ。

 

 

葛の花サプリメント

 

葛の花サプリメントには内臓脂肪を落とす働きがあとされている機能性表示食品です。

 

その効果は実験で立証されています。

 

お腹の脂肪が気になる人を対象に臨床試験を行なったところ、12週間経過後にはお腹周りの脂肪が20cuも減ったという結果が出ました。

 

 

葛の花サプリメントには、

 

・脂肪合成の抑制
・脂肪の分解
・脂肪燃焼

 

の3つの効果が立証されているのです。

 

バランスの良い食事・運動と併用することで、内臓脂肪を落とす効果がより期待できます。

 

「シボヘール」>>⇒葛の花サプリメント「シボヘール」の詳細はコチラ