内臓脂肪 有酸素運動

有酸素運動は内臓脂肪を落とすのに効果的?

 

内臓脂肪,有酸素運動

 

ダイエットを成功させるには運動が欠かせません。

 

しかし、運動と言っても筋トレや腹筋、ウォーキングやジョギングなど様々なものがあります。

 

数ある運動の中でも、有酸素運動内臓脂肪を落とす効果があるのでしょうか?

 

有酸素運動の効果について詳しく見ていきましょう。

 

 

有酸素運動で内臓脂肪は落とせるの?

 

結論から言うと、有酸素運動をすることで内臓脂肪を落とすことができます。

 

有酸素運動はスローテンポで筋肉を動かす運動で、酵素を肺から取り込むことで脂肪を燃焼させます。

 

有酸素運動をたくさん行えば、それだけ脂肪が燃焼されやすくなり、内臓脂肪も効率よく落ちていきます。

 

 

内臓脂肪を落とすのに最適な有酸素運動5つ

 

内臓脂肪を落とすのに適している有酸素運動は以下の5つです。

 

・ウォーキング
・スロージョギング
・水泳
・サイクリング(エアロバイク)
・サーキットトレーニング

 

1つ1つ詳しく見ていきましょう

 

 

ウォーキング

 

内臓脂肪,有酸素運動

 

有酸素運動の中で最も手軽なのがウォーキングです。

 

通勤途中や会社からの帰り、買い物など、隙間時間で行うだけでも効果的です。

 

ただし、ウォーキングは最低3ヶ月は継続しないとダイエット効果が表れません。

 

そのため、最初から力を入れすぎると挫折する可能性があります。

 

なので、一日20分で構いませんので、長期間継続できるようにコツコツ積み重ねていきましょう。

 

 

スロージョギング

 

内臓脂肪,有酸素運動

 

スロージョギングとは小さい歩幅でゆっくりと走るジョギングのことです。

 

「こんなに遅くても大丈夫なの?」というくらいの遅いスピードで走ります。

 

普通のジョギングのように激しく息を吐くこともありません。

 

誰かと喋ることができるペースで走るのがオススメです。

 

もしそれでも「しんどい」と感じるようなら、さらにスピードを遅くてしも問題ありません。

 

 

水泳

 

内臓脂肪,有酸素運動

 

水泳は近所に屋内プールがある人や、足や腰に負担をかけることができない人に最適です。

 

水中ウォーキングやアクアビクスなら、泳がなくても体全体を使うことができるので、内臓脂肪を落とすのには効果的です。

 

「でもせっかくプールに来たんだし、泳いだ方が良いのでは?」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、あまり水泳に慣れていない人がいきなり泳ぐと、疲労が溜まって体を痛める可能性があります。

 

なので、最初は水中ウォーキングからはじめてみましょう。

 

体に負担がかからないので、途中で挫折する可能性も低いですよ。

 

 

サイクリング

 

内臓脂肪,有酸素運動

 

サイクリングは水泳やジョギングに比べて長い時間継続できるのがメリットです。

 

なぜなら、水泳やジョギングよりも心臓や肺にかかる負担が少ないからです。

 

そのため、疲れもあまり溜まりませんし、体が風を受けて気持ちよく自転車をこぐことができるでしょう。

 

 

また、下半身を中心に動かす運動なので、お尻や太ももなどの大きい筋肉を動かせます。

 

大きい筋肉を動かすと、消費カロリーがより多くなるとされているのです。

 

 

なので、有酸素運動をこれからはじめるなら、サイクリングは特にオススメですよ。

 

普段乗っている普通の自転車でも問題ありませんが、マウンテンバイクの方がより楽しみを感じながら行えます。

 

 

しかも、マウンテンバイクは一般の自転車よりもスピードが出る上に、軽量です

 

それらは、スピードも出ますし、ママチャリに比べて大変軽いのが特徴です。

 

楽しみながら脂肪を燃やすことができます。

 

何事も楽しみながら行うことは大切ですからね。

 

気がつけば内臓脂肪が減っていて、ポッコリしていたお腹がへこんでいるかもしれませんよ。

 

 

サーキットトレーニング

 

内臓脂肪,有酸素運動

 

サーキットトレーニングとは、筋トレと有酸素運動を交互に繰り返す運動のことです。

 

筋トレと有酸素運動を30秒ずつ交互に計30分行います。

 

ただし、サーキットトレーニングは自分一人でやるには少し難易度が高いです。

 

なので、スポーツジムなどで行うことをオススメします。

 

スポーツジムなら専属のインストラクターが1から丁寧に教えてくれるので、正しいやり方で楽しく行えます。

 

サーキットトレーニングのやり方は文章で説明するとわかづらいので、以下の動画を参考にしてください。

 

 

 

通勤に有酸素運動を取り入れてみる

 

内臓脂肪,有酸素運動

 

有酸素運動が内臓脂肪を落とすに効果的なことがお分かり頂けたと思います。

 

しかし、仕事で忙しい30代ビジネスマンにとって、普段の生活の中に運動を取り入れるのはなかなか難しいことだと思います。

 

そこで、通勤に有酸素運動を取り入れてみてはどうでしょうか?

 

たとえば、電車通勤を自転車通勤に変えてみる・・・などです。

 

朝に自転車に乗ると、とてもすがすがしい気分になります。

 

毎日自転車を続けていれば、内臓脂肪も減ってポッコリお腹がみるみるうちにへこんでくるでしょう。

 

仕事で忙しいビジネスマンにとって食事を抑えるのはなかなか苦痛だと思いますが、

 

自転車通勤はかなりのエネルギーを消費しますので、無理に食事量を抑える必要がなくなります。

 

会社までの距離が近い人は、徒歩で少し遠回りして会社に向かう・・・でもいいと思います。

 

通勤時間を有効に活用して、内臓脂肪を落とすのに役立ててくださいね。

 

 

有酸素運動を取り入れる際の注意点

 

内臓脂肪,有酸素運動

 

有酸素運動を普段の生活に取り入れる際に、注意して欲しいことがあります。

 

それは、いきなり無理な運動をしないということです。

 

今まで運動をする習慣が無かった人が無理に体を動かすと、体が疲れてしまい、効果が表れる前に挫折してしまいます。

 

有酸素運動の効果を得るためには、何よりも長期間続けることが重要なので、途中で止めてしまっては意味がありません。

 

なので、自分の生活スタイルに合わせて、継続できる範囲内で運動や時間を設定してください。

 

また、家族や友人と運動を一緒にすることで、楽しみながら有酸素運動を続けられるでしょう。