内臓脂肪 測り方

内臓脂肪の測り方について

 

内臓脂肪,測り方

 

肥満やポッコリお腹が気になり出した男性は、

 

「自分の内臓脂肪はどのくらいあるのだろうか?」

 

なんて気になったりしますよね。

 

内臓脂肪の測り方というのは実はさまざまなものがあるので、ここで詳しく紹介したいと思います。

 

 

内臓脂肪の具体的な測り方

 

ウエストサイズから測る

 

内臓脂肪,測り方

 

内臓脂肪が付きすぎている場合、ウエストサイズから大まかな数値を測ることができます。

 

一般的に、ウエストサイズが85cm以上なら内臓脂肪過多の状態であると言われています

 

ただし、これは大まかな数値なので、正確ではありません。

 

さらに正確さを求めるなら、医療機関で体成分分析装置を使って検査するのがオススメです。

 

 

体成分分析装置で測る

 

内臓脂肪,測り方

 

体成分分析装置は内臓脂肪の面積を数値化してくれる機械です。

 

この機械で測定して、内臓脂肪面積が100cu以上なら内臓脂肪が過剰に溜まっている状態だと言えます。

 

 

計算式から判別する

 

体成分分析装置を用いた測定方法以上に厳密な計算式があります。

 

ウエスト÷(脂肪をつまんだ時の厚さ+脇腹をつまんだ時の厚さ)=内臓脂肪

 

上記の計算で出た数値が17以上なら、内臓脂肪が過剰に溜まっている状態と言えます。

 

 

BMIから判別する

 

日本肥満学会の定義によると、BMI125以上が内臓脂肪の溜まり過ぎです。

 

ちなみに海外の定義は、BMI130以上となっています。

 

 

体脂肪率から判別する

 

体脂肪率が25%以上なら、内臓脂肪が過剰に蓄積されています。

 

 

体組成計で測る

 

内臓脂肪,測り方

 

体組成計という機械がここ最近になって市販されるようになりました。

 

体組成計を使えば簡単に内臓脂肪の数値を測ることができます。

 

体重計など計測器の大手メーカーでお馴染みのタニタでは、以下のような基準を設定しています。

 

 

内臓脂肪レベルの数値が9以下なら標準

 

内臓脂肪のレベル数値が9以下の場合は標準、つまり内臓脂肪が付きすぎているということはありません。

 

しかし油断は禁物です。

 

30代の男性が食事や運動をおろそかにすると、内臓脂肪レベルはあっという間に上昇します。

 

なので、バランスの良い食事や運動に普段から気をつける必要があるでしょう。

 

内臓脂肪レベルの数値が10〜14ならやや過剰

 

内臓脂肪レベルの数値が10〜14の場合、内臓脂肪がやや過剰な状態です。

 

このレベルだと、普段の生活に軽い運動を取りれた方が良いでしょう。

 

さらにカロリー制限を行い、体重を標準まで落とすことが推奨されています。

 

 

内臓脂肪レベルの数値が15以上なら過剰

 

内臓脂肪レベルの数値が15以上の場合、内臓脂肪が過剰、つまり溜まり過ぎです。

 

運動や食事制限など具体的な改善が必要となってきます。

 

そのまま放置すると、生活習慣病にかかる恐れがあります。

 

 

ただし、このレベルになると自分一人で改善するのは困難です。

 

医師からカウンセリングを受け、食事や運動のカリキュラムを組んでもらうことをオススメします。